森昌子公式ページ

  • 小
  • 大
森昌子

1958年10月13日生まれ、栃木県出身。
1971年、「スター誕生!」の初代グランドチャンピオンとなる。
翌年、弱冠13歳にして歌手デビューした曲「せんせい」が大ヒットし、 その後も圧倒的な歌唱力と親しみやすいキャラクターで「同級生」、「中学三年生」と続く学園三部作や、「おかあさん」、「なみだの桟橋」、「哀しみ本線日本海」、「立待岬」、「越冬つばめ」など歴史に残る名曲を次々と世に送り出した。
1985年NHK紅白歌合戦では史上2人目となる『司会+トリ』を務め、国民的歌手としての地位を不動のものにするが、1986年8月に結婚のため引退。
2006年6月、20年の時を経て「バラ色の未来」でファン待望の復帰を果たし、同年のNHK紅白歌合戦に出場。
2007年NHK朝の連続テレビ小説「どんど晴れ」にヒロインの母親役としてレギュラー出演。
2009年2月28日、シングル「子供たちの桜」発売。
2009年、童謡・唱歌を中心としたアコースティックコンサート「ふるさとコンサート」が始まる。
2011年4月9日より東北慰問活動を行い、岩手県復興大使を拝命する。
2011年7月7〜9日、震災支援の返礼で、台日友情コンサートを台北・高雄の2都市3公演行う。(高雄ドームでのコンサートは日本人初)
2011年7月でデビュー40周年を迎え、全国40ヶ所ツアーをスタート。
2011年11月9日、デビュー40周年記念曲「愛は流れる」発売。
2011年12月16日、デビュー40周年記念出版「それはじんせい・・・」(主婦と生活社)発売。
2012年11月21日、キングレコード移籍第一弾シングル「人生に乾杯」発売。
2013年2月27日、デビュー40周年記念コンサートのDVDを発売。
2013年6月26日、シングル「はぐれどり」発売。
2013年から14年にかけて、大阪、東京、名古屋公演と、28年振りとなる劇場公演、西川きよし芸能生活50周年記念公演「コメディ水戸黄門」に特別出演。
2014年1月NHK鳥取発地域ドラマ「ちょっとはダラズに。」に出演。主題歌「メモ用紙」を担当。
2014年3月5日、懐かしい洋画主題歌の日本語カヴァーと朗読で構成したアルバム「時の過ぎゆくまま〜心のスクリーン〜」を発売。
2014年4月16日、シングル「花魁」を発売。
2014年9月から「美空ひばり&森昌子 奇跡の競演コンサート」ツアースタート。
2014年9月17日、初のセルフカバーアルバム「森昌子ベスト15 今、あなたへ」を発売。
2014年11月から「森昌子コンサート〜今、あなたへ〜」ツアースタート。
2015年3月4日、60枚目のシングル「惚れさせ上手」を発売。

このページのトップへ▲