外資系企業71社ランキング!エリートで忙しいイメージのある外資系企業を一覧でまとめてみた

<目次>
年収が良い? 転職前提なの? 外資企業のメリット、留意点
    ・(1)外資系企業のメリット「男女に平等な出世機会がある」「若手も裁量が大きい」
    ・(2)外資系企業の留意点「クビと隣り合わせ?」「意外に薄給」
22卒が選ぶ人気ランキング:有名外資系から穴場外資系まで
1. 外資系コンサルティングファーム
    ・1-1. 戦略系コンサルティングファーム
1-2. 総合コンサルティングファーム
1-3. 会計コンサルティングファーム
2. 外資系金融
2-1. 外資系投資銀行
2-2. 保険業界
2-3. その他金融
3. 外資系メーカー
3-1. 消費財メーカー
3-2. 化学メーカー
3-3. 電機・重工メーカー
3-4. 製薬会社
4. 外資系IT企業
5. 外資系広告
おわりに
  1. 年収が良い? 転職前提なの? 外資企業のメリット、留意点
      1. (1)外資系企業のメリット「男女に平等な出世機会がある」「若手も裁量が大きい」
      2. (2)外資系企業の留意点「クビと隣り合わせ?」「意外に薄給」
  2. 22卒が選ぶ人気ランキング:有名外資系から穴場外資系まで
  3. 1. 外資系コンサルティングファーム
  4. 1-1. 戦略系コンサルティングファーム
      1. 【1位】ボストン コンサルティング グループ
      2. 【2位】マッキンゼー・アンド・カンパニー
      3. 【3位】ベイン・アンド・カンパニー
      4. 【4位】A.T. カーニー
      5. 【5位】Strategy&
      6. 【6位】ローランド・ベルガー
      7. 【7位】アーサー・ディ・リトル
  5. 1-2. 総合コンサルティングファーム
      1. 【1位】アクセンチュア
      2. 【2位】デロイト トーマツ コンサルティング
      3. 【3位】PwCコンサルティング・PwCアドバイザリー
      4. 【4位】マーサージャパン
      5. 【5位】コーン・フェリー・ヘイグループ(旧ヘイ コンサルティング グループ)
  6. 1-3. 会計コンサルティングファーム
      1. 【1位】KPMGコンサルティング
      2. 【2位】EYストラテジー・アンド・コンサルティング(旧EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング)
  7. 2. 外資系金融
  8. 2-1. 外資系投資銀行
      1. 【1位】ゴールドマン・サックス
      2. 【2位】J.P.モルガン
      3. 【3位】モルガン・スタンレー
      4. 【4位】シティグループ
      5. 【5位】バンク・オブ・アメリカ
      6. 【6位】UBSグループ
      7. 【7位】バークレイズ
      8. 【8位】ドイツ銀行グループ
      9. 【8位】クレディ・スイス証券
      10. 【10位】BNPパリバ証券
  9. 2-2. 保険業界
      1. 【1位】アフラック(アフラック生命保険)
      2. 【2位】プルデンシャル生命保険
      3. 【3位】AIGグループ
  10. 2-3. その他金融
      1. 【1位】ソシエテ ジェネラル
      2. 【2位】ブラックロック・ジャパン
      3. 【3位】HSBC
      4. 【3位】クレディ・アグリコル
      5. 【5位】ロイヤルバンク・オブ・スコットランド
  11. 3. 外資系メーカー
  12. 3-1. 消費財メーカー
      1. 【1位】P&G Japan
      2. 【2位】ユニリーバ・ジャパン
      3. 【3位】日本ロレアル
      4. 【4位】ネスレ日本
      5. 【5位】エスティローダー
      6. 【6位】LVMHグループ(ルイ・ヴィトン モエヘネシーグループ)
      7. 【7位】マースジャパンリミテッド
      8. 【8位】フィリップ モリス ジャパン
      9. 【9位】スリーエムジャパン
      10. 【10位】ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BATS)
  13. 3-2. 化学メーカー
      1. 【1位】デュポン
      2. 【2位】ダウ・ケミカル
      3. 【3位】BASF
  14. 3-3. 電機・重工メーカー
      1. 【1位】GEジャパン
      2. 【2位】ABB
      3. 【3位】日本ヒューレット・パッカード
      4. 【4位】日本サムスン
  15. 3-4. 製薬会社
      1. 【1位】ジョンソン・エンド・ジョンソン
      2. 【2位】ファイザー
      3. 【3位】アストラゼネカ
      4. 【4位】グラクソ・スミスクライン
      5. 【5位】日本メドトロニック
  16. 4. 外資系IT企業
      1. 【1位】グーグル(Google)
      2. 【2位】アマゾンジャパン
      3. 【3位】日本IBM
      4. 【4位】日本マイクロソフト
      5. 【5位】LINE
      6. 【6位】ヤフー(Yahoo! JAPAN)
      7. 【7位】ブルームバーグ(Bloomberg)
      8. 【8位】日本オラクル
      9. 【9位】シスコシステムズ
      10. 【10位】DELL EMC
    1. 関連

年収が良い? 転職前提なの? 外資企業のメリット、留意点

外資系企業と聞いて、みなさんはどのようなイメージを思い浮かべますか?

多くの学生は、「実力主義」「クビになりやすい」など、プラスとマイナスそれぞれのイメージが混在していると思います。

外資系企業ならではの「メリット」と「留意点」を簡単にまとめました。

(1)外資系企業のメリット「男女に平等な出世機会がある」「若手も裁量が大きい」

・男女に平等な出世機会がある

調査によれば、外資系企業では「女性管理職が2割以上いる」と回答している社員が29.8%にのぼります(日系企業は11.9%)(※1)。

(※1)出典:ROBERT WALTERS「職務動向調査 2016 P.24

・若手にも裁量権が大きい

例えば、ある外資系メーカーに務める社員は「新卒1年目からブランドの立ち上げに関わった」といいます(※2)。

このように外資系企業では、働く魅力に「裁量の大きさ」が多く挙げられます。

(※2)参考:ONE CAREER「外資メーカーから外資コンサルへ転職者にOB訪問:『配属リスクを軽減するために、みんな外資系メーカーに入るんだと思います』

(2)外資系企業の留意点「クビと隣り合わせ?」「意外に薄給」

・成果主義で、雇用が不安定である(UP or OUT)

UP or OUTは「昇進か、さもなくば会社を去る」という、コンサルを中心とした外資系のシビアな雇用環境を表す言葉です。

ただし、ベイン・アンド・カンパニーやA.T. カーニーなど、人材育成に時間をかける企業もあるため、社風に依存する面が大きいでしょう(※3)(※4)。

(※3)参考:ONE CAREER「結果主義のベイン・アンド・カンパニー、成果の根源は尊重し助け合う精神にあり
(※4)参考:ONE CAREER「若手が育つA.T. カーニー。「1年目でプレゼン」精鋭が育つ強さと魅力に迫る

・仕事量に対して給与が少ないことがある

一般的に、外資系企業は「高収入」といわれます。しかし少数精鋭の環境であり、1人あたりの仕事量が多く、仕事量に対して給与が少ないという意見もあるようです(※5)。

(※5)参考:ONE CAREER「【外資志望者必見】外資だって低収入・上司運で出世が決まる?外資の3つの真実

22卒が選ぶ人気ランキング:有名外資系から穴場外資系まで

ここからは、外資系にどのような企業があるのか見ていきましょう。

2022年卒のワンキャリアユーザーの声をもとに、業界別の人気ランキングを作成しました。外資系志望者はぜひ参考にしてください。


※ランキング順位はワンキャリア「東大京大 22卒就活人気ランキング」およびユーザーによる「お気に入り」登録数から算出。
※こちらは2016年10月に公開された記事の再掲載ですが、22卒の人気ランキングをもとに一部情報を更新しています。

1. 外資系コンサルティングファーム

外資系コンサルティングファームは、全業界の中でも高い人気を誇る業界です。
戦略系コンサルティングファームでは「ボストン コンサルティング グループ」、総合コンサルティングファームでは「アクセンチュア」、会計系コンサルティングファームでは「KPMG」がトップにランクインしています。

1-1. 戦略系コンサルティングファーム

【1位】ボストン コンサルティング グループ

アメリカ合衆国に本社を構え、アーサー・ディ・リトルからスピンアウトした外資系戦略コンサルティングファームです。

世界50カ国・90カ所のオフィスを基盤とするグローバルなネットワークと、日本における深く幅広い経験から生まれる知見をもとに、政府・民間企業が抱える重要課題に広くコンサルティングを展開しています。

▼ボストン コンサルティング グループ(BCG)に関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 BCGが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【2位】マッキンゼー・アンド・カンパニー

アメリカ合衆国に本社を構え、多くのトップ企業にコンサルを行うトップファームです。

グローバル全体ではアメリカ合衆国・ヨーロッパ・アジア・南米・東欧など世界65カ国に130カ所以上の支社を持ち、年間1,600件以上のコンサルティング・プロジェクトを手掛けています。

▼マッキンゼー・アンド・カンパニーに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 マッキンゼー・アンド・カンパニーが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【3位】ベイン・アンド・カンパニー

アメリカ合衆国ボストンに本拠を置く、世界38カ国に61拠点のネットワークを展開する外資系戦略コンサルティング企業です。

ベインは徹底した「結果主義」を掲げ、グローバル展開により携わった5,000以上のプロジェクトを通じて世界中のあらゆる産業で知見を蓄積し、コンサルティングサービスを提供しています。

▼ベイン・アンド・カンパニーに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 ベイン・アンド・カンパニーが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【4位】A.T. カーニー

アメリカ合衆国のシカゴに本拠地を構え、世界41の国と地域に63拠点(傘下のCervello社を含む)外資系戦略コンサルティング企業です。

外資系企業や政府系機関に対して、戦略からオペレーション、ITに至るまで一貫したサービスを提供しています。

▼A.T. カーニーに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 A.T. カーニーが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【5位】Strategy&

アメリカ合衆国に本社を構え、世界71カ所に拠点を置く外資系戦略コンサルティング企業です。

100年以上のコンサルノウハウと、PwC傘下のネットワークを生かし、自動車・産業機械など多岐に渡りコンサルを行っています。

▼Strategy&に関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 Strategy&が参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

──↑目次に戻る──

【6位】ローランド・ベルガー

ドイツ・ミュンヘンに本社を置く外資系戦略コンサルティング会社です。

業界別と機能別の2つの専門グループを組織してコンサルティングサービスを提供しており、全社戦略・企業再生・ブランド・マーケティング戦略・新興国戦略などを提案しています。

▼ローランド・ベルガーに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 ローランド・ベルガーが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【7位】アーサー・ディ・リトル

アメリカ合衆国のボストンに本拠地を構え、1886年に創業した世界最古の戦略コンサルティングファームです。

幅広い業界のクライアントに対して、全社戦略やグローバル戦略を提案しています。その中でも特にビジョン策定に秀でているため、民間だけでなく官公庁に対して国家戦略の提案も行っています。

▼アーサー・ディ・リトルに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 アーサー・ディ・リトルが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

1-2. 総合コンサルティングファーム

【1位】アクセンチュア

「ストラテジー & コンサルティング」「インタラクティブ」「テクノロジー」「オペレーションズ」の4つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供する総合コンサルティングファームです。

現在51カ国200都市以上において、電子情報システムの開発と統合のサポート業務のコンサルを行っています。

▼アクセンチュアに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 アクセンチュアが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【2位】デロイト トーマツ コンサルティング

世界4大会計事務所(Big4)の1つ、デロイト トウシュ トーマツ(デロイト)のメンバー企業です。

そんなデロイトの強みは、グローバルで30万人を超えるメンバー、全世界に拠点は250以上を有するデロイトネットワークを生かしたソリューションを提供できる点です。

経営戦略やM&A・ITアドバイザリーなど幅広い専門サービスの提供に加えて、社会課題の解決と新産業創造を行っています。

▼デロイトに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 デロイトが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【3位】PwCコンサルティング・PwCアドバイザリー

イギリス・ロンドンに本拠を置く、世界155カ国に284,000人のスタッフを擁する世界最大級の外資系プロフェッショナルサービスファームです。

強みはPwCのグローバルなネットワークの大きさであり、専門スタッフ約8,000人以上の知見を生かしたサービスを提供しています。

▼PwCに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 PwCが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【4位】マーサージャパン

経営戦略・組織変革・人事コンサルティングの3つの分野でビジネスを展開する総合コンサルティング企業です。

世界44カ国・185都市に広がるグローバルネットワークを生かした知見をもとに福利厚生・退職給付制度構築などを行っています。

▼マーサージャパンに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 マーサージャパンが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【5位】コーン・フェリー・ヘイグループ(旧ヘイ コンサルティング グループ)

アメリカ合衆国のフィラデルフィアに本拠を置き、世界50カ国以上に拠点を置くを構え、組織・人材に関するコンサルティングサービスを提供する総合コンサルティング企業です。

行動心理学を基礎とするアカデミックな知見やデータから、職務評価・コンピテンシー・EQ分野へのコンサルを行っています。

▼コーン・フェリー・ヘイグループに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 コーン・フェリー・ヘイグループが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

──↑目次に戻る──

1-3. 会計コンサルティングファーム

【1位】KPMGコンサルティング

オランダを本部とし、世界146カ国のグローバルなネットワークにおいて監査・税務・アドバイザリーサービスを提供する外資系プロフェッショナルサービスファームです。

具体的には、事業戦略策定・業務効率の改善・収益管理能力の向上などを手掛けています。

▼KPMGコンサルティングに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 KPMGコンサルティングが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【2位】EYストラテジー・アンド・コンサルティング(旧EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング)

ロンドンを本拠地とし、世界150の国・地域に700以上の拠点を置き会計・税務・アドバイザリーサービスなどのプロフェッショナル・サービス事業を展開する会計コンサルティング企業です。

製造業・医療機関・金融機関などにコンサルを行っています。

▼EYに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 EYが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

2. 外資系金融

外資系金融は平均年収が外資系の中でNo.1といわれており、インセンティブ給の高さが魅力の1つになっています。
投資銀行部門では「ゴールドマン・サックス」、保険業界では「アフラック(アフラック生命保険)」、資産運用や貿易金融などを扱うその他金融業界では「ソシエテ ジェネラル」がトップにランクインしています(※6)。

(※6)参考:ONE CAREER「外資系企業の年収・ホワイト度ランキング!『高給』『激務』の実情を数字で比較してみた。

2-1. 外資系投資銀行

【1位】ゴールドマン・サックス

1869年に創業、ニューヨークに本社を構え、世界中の金融機関・投資家・政府機関などの幅広い顧客を有する投資銀行です。資産運用業務・証券業務などを中心に金融サービスを手掛けます。

厚い顧客層による投資銀行業務、セールス&トレーディング業務の収益が主な売り上げを構成しており、その他の業務を含め全ての金融サービスにおいて死角がないため、常にリーグテーブルの上位を占めています。

▼ゴールドマン・サックスに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 ゴールドマン・サックスが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【2位】J.P.モルガン

ニューヨークに本社を構え、25万人を超える社員を有している世界最大規模の投資銀行です。

幅広い海外ネットワークが国をまたいだグローバル規模の案件の受注を可能にし、結果としてリーグテーブルでも上位に位置しており、他の外資系投資銀行の中でも高いプレゼンスを誇ります。

▼J.P.モルガンに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 J.P.モルガンが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【3位】モルガン・スタンレー

ニューヨークに本社を構え、世界41カ国に拠点を有し、世界有数の売り上げを誇る外資系総合金融機関です。

法人・機関投資家向けの証券業務・資産運用・ウェルスマネジメントの3つを主軸に、債権・株式・投資銀行業務などを世界規模で展開しています。

▼モルガン・スタンレーに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 モルガン・スタンレーが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【4位】シティグループ

ニューヨークに本社を構える世界有数の売り上げ規模を誇る総合金融機関です。

グローバルネットワークを有しており、世界160以上の国と地域でサービスを展開し2億以上の口座数を保有しています。日本ではこれまで、顧客層も幅広く、個人・法人・政府系機関などを対象に、リテールバンク業務やカード事業、投資銀行業務などを行っていましたが、2015年に日本のリテールバンク事業を三井住友銀行へ、日本のカード事業を三井住友信託銀行へ売却することで、個人向けサービスから撤退しました。そのため、現在は投資銀行サービスと法人向け金融サービスをメインに日本では展開しています。

▼シティグループに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 シティグループが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【5位】バンク・オブ・アメリカ

ニューヨークに本社を構え、アメリカ合衆国の総合金融グループであるバンク・オブ・アメリカのグループ企業としてホールセール部門に特化したサービスを行う世界最大級の投資銀行です。

主な業務は投資銀行業務、資本市場業務、債権・株式取引業務やアドバイザリーサービスなどを行っています。

▼バンク・オブ・アメリカに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 バンク・オブ・アメリカが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【6位】UBSグループ

スイスのチューリッヒに本拠を置き、世界50カ国以上に拠点を広げており、証券業務・資産運用業務・投資銀行業務など総合的な金融サービス業務を行う総合金融機関です。

株式部門とウェルスマネジメント(富裕層向け資産運用業務)部門において世界トップクラスの地位と信頼を得ており、マーケットサイドでは無類の強さを誇っています。

▼UBSグループに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 UBSグループが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【7位】バークレイズ

ロンドンに本社を構える最古の外資系総合金融機関です。

英国を基盤としながらヨーロッパ・北米・アジア・アフリカ・中東など世界中に拠点を持ち、リーマン・ブラザーズの北米事業部を傘下に収めることで世界規模の投資銀行として成長しました。2016年1月に、日本を含むアジア地域で現物株式の業務から撤退していますが、今後も世界の金融市場をけん引することが期待されている企業です。

▼バークレイズに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 バークレイズが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【8位】ドイツ銀行グループ

ドイツに本社を構え、世界各国に8万人以上の社員を有し(2019年12月末時点)、幅広い金融サービスを担う総合金融機関です。

商業銀行という出自を持ち、投資銀行業務だけではなく包括的な金融サービスも行えるため、財務基盤の強さや高い信用力を生かして顧客のニーズに細かく答えることができるという点が強みになっています。

▼ドイツ銀行グループに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 ドイツ銀行グループが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【8位】クレディ・スイス証券

スイスのチューリッヒに本社を置き、世界50カ国の拠点がもたらすグローバルネットワークを強みとした、証券・投資銀行業務・富裕層向け資産運用業務・資産運用業務などをグローバルに展開する世界有数の規模を持つ外資系金融コングロマリットです。

アジア市場からの撤退傾向が強い他の金融企業とは逆行する戦略を取るほどアジア展開に力を入れています。

▼クレディ・スイス証券に関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 クレディ・スイス証券が参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【10位】BNPパリバ証券

フランス・パリに本拠を置き、世界68の国と地域に19万3千人を超える社員を有し、世界規模での総合金融サービスを行う総合金融機関です。

ユーロ圏においてリテール・バンキングで確固たる地位を築いているだけでなく、北米・アジアなどに勢力を拡大しており、日本国内でも資産運用業務や証券業務で信頼を得ています。

▼BNPパリバ証券に関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 BNPパリバ証券が参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

──↑目次に戻る──

2-2. 保険業界

【1位】アフラック(アフラック生命保険)

アメリカ合衆国に本社を構え、1958年に世界で初めてがん保険を始めた生命保険会社です。

第3保険領域においての商品開発力や、業界随一の既契約者数を誇ります。販売代理店営業方式を日本で初めて展開するなど、独自性に特徴があります。

▼アフラックに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 アフラックが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【2位】プルデンシャル生命保険

アメリカ合衆国に本社を構え、米トップクラスの金融サービス機関「プルデンシャル・ファイナンシャル」の一員として1987年に設立された外資系生命保険会社です。生命保険のプロフェッショナルであるライフプランナーによるコンサルティングセールスを強みとしており、オーダーメイドの保険商品のみを販売するビジネスモデルを構築しています。

▼プルデンシャル生命保険に関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 プルデンシャル生命保険が参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【3位】AIGグループ

ニューヨークに本社を構え、世界80カ国以上で事業を行い、約9,000万人の顧客基盤を持つなど世界有数の売り上げ規模を誇る保険企業です。

世界規模で商品開発などを行うため多種多様な保険商品を提供することや、各国のグループ企業で国境を越えたシナジーを発揮できるのが特徴です。

▼AIGグループに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 AIGグループが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

──↑目次に戻る──

2-3. その他金融

【1位】ソシエテ ジェネラル

フランスのパリに本社を構える、クレディ・アグリコル、BNPパリバ証券と並ぶフランスの外資系大手都市銀行です。世界61カ国に拠点と3,000万人もの顧客を持ち、同国トップクラスの規模を誇ります。

▼ソシエテ ジェネラルに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 ソシエテ ジェネラルが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【2位】ブラックロック・ジャパン

欧米・アジアなど世界30カ国以上に拠点を置く、世界有数の外資系資産運用企業です。

運用資産高の実績も資産運用業界では群を抜いており、2020年12月末時点で、グローバルのグループ全体で運用資産残高は8.68兆米ドル(約896兆円)にのぼります。

▼ブラックロック・ジャパンに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 ブラックロック・ジャパンが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【3位】HSBC

イギリスのロンドンに本社を置く世界最大級の外資系銀行です。

リテール・バンキング&ウェルスマネジメント、商業銀行、グローバルバンキング&マーケッツ、グローバル・プライベートバンキングという4つのグローバル事業を中心に収益を上げており、日本で歴史の長い外資系銀行です。

▼HSBCに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 HSBCが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【3位】クレディ・アグリコル

フランスのパリに本社を構え、1894年に設立された日本フランスの外資系金融機関で、日本でいう農林中央金庫に当たる金融機関です。

法人営業・投資銀行部門などに強みを持っており、2020年時点で、総資産2兆2,175億ユーロ(284兆円)*を有する世界有数の総合金融グループです。

▼クレディ・アグリコルに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 クレディ・アグリコルが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【5位】ロイヤルバンク・オブ・スコットランド

イギリス第二の金融都市であるエディンバラに本社を置く外資系銀行です。

スコットランドポンドの発行から貿易金融や預金・送金業務まで幅広い業務を行っています。

▼ロイヤルバンク・オブ・スコットランド(RBS)に関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 RBSが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

3. 外資系メーカー

外資系メーカーは消費財メーカー、化学メーカー、重機・重工メーカー、製薬会社などに分類されます。
消費財メーカーでは「P&G Japan」、化学メーカーでは「デュポン」、電機・重工メーカーでは「日本ヒューレット・パッカード」、製薬会社では「ジョンソン・エンド・ジョンソン」がトップにランクインしています。

3-1. 消費財メーカー

【1位】P&G Japan

アメリカ合衆国のオハイオ州で設立され、事業拠点は70カ国以上に存在し、総社員数約110,000人の世界トップクラスの収益を誇る外資系メーカーです。マーケティングに強みを持ち、優れた人材を輩出し続ける企業としても知られています。

▼P&G Japanに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 P&G Japanが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【2位】ユニリーバ・ジャパン

ユニリーバ・ジャパンは、イギリスとオランダに本社を構える世界最大級の消費財メーカー、ユニリーバの日本法人として1964年に設立されました。

紅茶の「リプトン」や日用品の「LUX(ラックス)」「ダヴ」などのブランドは日本においても消費者から高い支持を得ており、数多くのブランドを生み出して事業を展開しています。

▼ユニリーバ・ジャパンに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 ユニリーバ・ジャパンが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【3位】日本ロレアル

フランスに拠点を置き、売上高約3兆5000億円(2020年度)を誇る世界No.1の外資系化粧品会社です。

ロレアルは世界で34のブランドを展開しており、日本では「メイベリン ニューヨーク」「ロレアル パリ」「ランコム」などのブランドがユーザーから高い支持を得ています。

▼日本ロレアルに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 日本ロレアルが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【4位】ネスレ日本

スイスに本社を構え、世界186カ国の販売網を誇る世界最大の外資系食品メーカーです。

チョコレート菓子の「キットカット」や「エアロ」そしてコーヒーの「ネスカフェ」などのブランドを始め多くの製品が国内においても高い評価を得ています。

▼ネスレ日本に関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 ネスレ日本が参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【5位】エスティローダー

アメリカ合衆国に本拠を置き化粧品やスキンケア用品・ヘアケア用品・香水を取り扱う外資系化粧品メーカーです。

高級輸入化粧品としての地位を確立し、日本国内では現在計18ブランドの商品が販売されています。

▼エスティローダーに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 エスティローダーが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【6位】LVMHグループ(ルイ・ヴィトン モエヘネシーグループ)

フランスに本社を置く世界最大の外資系ファッション企業です。現在はヨーロッパ(フランス・イタリア・スペインなど)を中心に80近くの高級ブランドを持っており、「ファッション&レザーグッズ」「パフューム&コスメティックス」「ワイン&スピリッツ」「ウォッチ&ジュエリー」「セレクティブ・リテーリング」の5つの事業を主軸としています。

▼LVMHグループに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 LVMHグループが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【7位】マースジャパンリミテッド

ブリュッセル(ベルギー)やニュージャージー州、ペンシルバニア州(アメリカ合衆国)に本社を構える外資系大手食品企業です。

全世界で100年以上続くブランドが5つ、50年以上続くブランドを8つを有しており、日本ではマース リグレー(菓子) ・ペットケア・食品・マース エッジの4つの事業領域で事業を展開しています(日本での展開はマース リグレー(菓子)とペットケア事業の2事業)。

▼マースジャパンリミテッドに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 マースジャパンリミテッドが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【8位】フィリップ モリス ジャパン

アメリカ合衆国のニューヨーク州を本拠地とする世界最大の外資系たばこメーカーです。

全世界で人気を誇るマールボロ、ラーク、バージニア・エス、パーラメントなどのマーケティングおよび販促活動を行っており、日本市場のシェア37.1%(2020年末)を誇る、日本で第2位のたばこ会社です。

▼フィリップ モリス ジャパンに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 フィリップ モリス ジャパンが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【9位】スリーエムジャパン

アメリカ合衆国のミネソタ州で創業された外資系素材メーカーで、約5万5,000種類以上の製品を扱う世界最大規模のコングロマリット企業です。「ポスト・イット」や日用品である「スコッチ・ブライト」などは知名度の高い製品の1つです。4つの事業分野と10の事業でビジネスを展開しています。

▼スリーエムジャパンに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 スリーエムジャパンが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【10位】ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BATS)

イギリスのロンドンに本社を置く、外資系タバコメーカーです。43カ国に工場を有しており、180を超える市場で事業を展開しています。

現在ダンヒル・ケント・ラッキーストライク・キャメル・ポールモール・アメリカンスピリットなどの製品を製造、販売を行っています。

▼BATSに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 BATSが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

──↑目次に戻る──

3-2. 化学メーカー

デュポンとダウ・ケミカルは統合し、ダウ・デュポンとなりました。本記事の掲載情報は初掲載時のものです。

【1位】デュポン

アメリカ合衆国に本社を構える外資系化学メーカーです。

製品の製造・輸出入・販売、研究・開発、技術サービスおよび合弁会社に関する業務といった幅広い業務を行っています。

▼デュポンに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 デュポンが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【2位】ダウ・ケミカル

アメリカ合衆国のミシガン州に本社を置く外資系化学メーカーで、現在では「接着剤」や「添加剤」などの製品技術から建築・建材・インフラ、自動車・輸送まで幅広く事業を展開しています。

▼ダウ・ケミカルに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 ダウ・ケミカル日本が参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【3位】BASF

ドイツのルートヴィヒスハーフェン・アム・ラインに本社を置き、150年の歴史を持つ世界最大の外資系総合化学メーカーです。

ケミカル、マテリアル、インダストリアル・ソリューション、サーフェステクノロジー、ニュートリション&ケア、アグロソリューションの6つの事業を展開グローバルでの売上高は約590億ユーロ(約7.7兆円)(2020年)を誇っています。

▼BASFに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 BASFが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

──↑目次に戻る──

3-3. 電機・重工メーカー

【1位】GEジャパン

アメリカ合衆国のコネチカット州に本社を置き、全世界に約170拠点を展開する世界最大の外資系コングロマリットです。

日本ではパワー・リニューアブルエナジー・アビエーション(航空)・ヘルスケア・アディティブ・デジタルの6つの事業領域でビジネスを展開しています。

▼GEジャパンに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 GEジャパンが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【2位】ABB

スイスに本社を置き世界100国以上に進出しており、電力関連・重電・重工業を主たる事業として展開している外資系重工企業です。

日本国内において石油ガス・電力・化学・鉱物・紙パルプの生産のための機械・ロボットなどのオートメーションに関する事業を、製造・販売・サービスの各分野で展開しています。

▼ABBに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 ABBが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【3位】日本ヒューレット・パッカード

ヒューレット・パッカード エンタープライズの日本法人で、サーバー・ネットワーク機器などのエンタープライズ製品を製造・販売することや、ソリューションサービスの提供を主な事業とする外資系企業です。

サーバーやネットワーク機器などを自社で製造しつつ、他社のシステム開発・納入や保守・運用まで一気通貫的にサービスを展開しています。

▼社員の生の声もあります!

「若手社員であっても比較的早い段階から仕事を任せてもらえる。あまりトップダウンで物事が決まって現場まで落ちてくるということはない。週4日までリモートワークが使える制度がある」。このような実際に働いていたリアルな社員の声、年収などが知りたい方は【ONE CAREER PLUS】も要チェックです。

日本ヒューレット・パッカードで働く社員のクチコミを確認する

も要チェックです(別サイトへ遷移します)。

▼日本ヒューレット・パッカードに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 日本ヒューレット・パッカードが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【4位】日本サムスン

韓国のソウルに本社を構える、韓国最大の外資系総合家電・電子部品・電子製品メーカーです。

現在はモバイルディスプレイ・ITディスプレイ・PID・テレビディスプレイを製造しており、東京支社は海外での初拠点となっています。

▼日本サムスンに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 日本サムスンが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

──↑目次に戻る──

3-4. 製薬会社

【1位】ジョンソン・エンド・ジョンソン

世界60カ国に250以上のグループ企業を有する、グローバルにおいて世界最大級のヘルスケアカンパニーの地位を確立している総合医療を扱う外資系製薬会社です。

事業領域をヘルスケアビジネスに特化するとともに、事業分野を「消費者向け製品」「医療機器」「医薬品」の3つに分けて運営しています。

▼ジョンソン・エンド・ジョンソンに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 ジョンソン・エンド・ジョンソンが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【2位】ファイザー

アメリカ合衆国のニューヨーク州に本社を置き、医薬品売上高で世界2位(※7)の外資系製薬企業です。

事業概要は医療用医薬品やワクチンの研究開発、製造、販売。日本法人は日本法人は「バイオファーマシューティカルズ事業部門」と「アップジョン事業部門」の2つの事業部門で構成されています。

(※7)参考: AnswersNews「【2020年版】製薬会社世界ランキング ロシュがトップ維持…2位ファイザー、3位はノバルティス

▼社員の生の声もあります!

「コンプライアンスへの取り組みが進んでいる。現在はリモートワークが勧められている」。このような実際に働いていたリアルな社員の声、年収などが知りたい方は【ONE CAREER PLUS】も要チェックです。

ファイザーで働く社員のクチコミを確認する

も要チェックです(別サイトへ遷移します)。

▼ファイザーに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 ファイザーが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【3位】アストラゼネカ

イギリスの大手化学会社ICIから医薬品部門が分離してできたゼネカと、スウェーデンに本社を置き北欧最大の医薬品メーカーであったアストラの2社が合併して誕生した、ロンドンに本拠を置く外資系製薬企業です。

日本においては、主にオンコロジー、循環器腎・代謝疾患、呼吸器・免疫疾患を重点領域として、医療用医薬品の販売を行っています。

▼アストラゼネカに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 アストラゼネカが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【4位】グラクソ・スミスクライン

イギリスに本社を置く、約10万人の社員を抱える世界有数の外資系製薬企業です。

現在日本では医療用医薬品事業・ワクチン事業・コンシューマーヘルスケア(シュミテクトなどのケア用品)の3つの事業を展開しています。

▼グラクソ・スミスクラインに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 グラクソ・スミスクラインが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【5位】日本メドトロニック

※コヴィディエンは2015年にメドトロニックに統合されました。本記事の掲載情報は初掲載時のものです。

アイルランドの首都である、ダブリンに本社を置く外資系ヘルスケアカンパニーです。

世界150カ国以上に90,000名以上の社員を有し、医療専門家向けにペースメーカーを中心に、さまざまな医療機器・サービスを提供しています。

▼日本メドトロニックに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 日本メドトロニックが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

──↑目次に戻る──

4. 外資系IT企業

外資系IT企業の特徴は「インセンティブ給(業績給)」の年収に占める割合が非常に高いことです。仕事効率を上げると多くのインセンティブ給がもらえるため、平均残業時間が低いことが魅力の1つです。
外資系IT企業のトップは検索エンジンを扱う「グーグル(Google)」で、2位はeコマースで興隆した「アマゾンジャパン」です(※8)。

(※8)出典:ONE CAREER「外資系企業の年収・ホワイト度ランキング!『高給』『激務』の実情を数字で比較してみた。

【1位】グーグル(Google)

アメリカ合衆国に本社を置き、世界50カ国に70以上のオフィスを構えた世界的な外資系IT企業です。

創業者のラリー・ペイジの思いの下、検索エンジンからGmailに至るまでの全てのサービスを、ユーザー目線に立って提供しており、生活に密着したサービスを世界的に展開しています。

▼グーグル(Google)に関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 グーグル(Google)が参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【2位】アマゾンジャパン

アメリカ合衆国のワシントン州シアトル市に本拠を置く、eコマースにおける世界的に有名な外資系企業です。

書籍だけにとどまらず、家電や玩具(がんぐ)・衣料品や食料品など幅広いジャンルの商品を販売、イギリス、ドイツ、フランス、日本、カナダ、中国、イタリア、スペインなどでウェブサイトを運営し、世界各地50カ所を超える物流センターを設置しています。

▼社員の生の声もあります!

「ベンチャースピリットが高い。意思決定は非常に早く、毎日のように意思決定が求められる」。このような実際に働いていたリアルな社員の声、年収などが知りたい方は【ONE CAREER PLUS】も要チェックです。

アマゾンジャパンで働く社員のクチコミを確認する

も要チェックです(別サイトへ遷移します)。

▼アマゾンジャパンに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 アマゾンジャパンが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【3位】日本IBM

アメリカ合衆国に本社を構え、サービス・ソフトウエアだけでなくAI(人工知能)まで手掛ける外資系通信企業です。

サービス・ソフトウエア・ハードウエアに大別され、コンサルティングやシステム構築、企業向けミドルウエアの提供、サーバー製品のIBM Systemsの提供、ストレージ製品のSystem Storageの提供などを行っており、現在ではAIのIBM Watsonを用いた事業の展開を行っております。

▼日本IBMに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 日本IBMが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【4位】日本マイクロソフト

アメリカ合衆国に本社を構える外資系トップソフトウエア企業です。ソフトウエアやクラウドサービス・デバイスの営業やマーケティング・販売などを行います。Windowsシリーズ」と「Microsoft 365シリーズ」で有名です。

ハードウエアとして、「Surfaceシリーズ」や「Xboxシリーズ」のほか、無料でのオンラインサービスとして、MSN、Bing、Skypeなども提供しています。

▼日本マイクロソフトに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 日本マイクロソフトが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【5位】LINE

韓国に本社を構える「NAVER社」の日本法人としてビジネスを行っており、現在では世界各国で愛用されている無料の通話・メールアプリケーションサービスを提供している外資系インターネット企業です。

LINEアプリを事業軸として通信料を大幅に安くできる「LINE Out」やクレジットカード情報を登録することで迅速な決済を可能にした「LINE Pay」といった通信サービスを主軸にした事業展開も行っています。

▼LINEに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 LINEが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【6位】ヤフー(Yahoo! JAPAN)

アメリカ合衆国に本社を構え、検索エンジンに強みを持った外資系通信企業です。

日本においては、ヤフー株式会社はソフトバンクの連結子会社です。Yahoo! BBなどのソフトバンクグループと提携したサービスを提供しており、検索エンジンによる莫大(ばくだい)なアクセス数とそれに付随する安定的な広告収入にて収益を上げています

▼ヤフー(Yahoo! JAPAN)に関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 ヤフー(Yahoo! JAPAN)が参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【7位】ブルームバーグ(Bloomberg)

ニューヨークに本社を構え、現在ではニューヨークに加えて、ロンドン・東京・香港・シンガポール・ドバイ・サンパウロなど全世界に約180拠点を置く外資系通信社・放送事業会社です。

金融・経済情報の日本語版ニュースや日本独自の会計基準とIFRSへの移行に対応した企業財務データの提供強化などを行っています。

▼ブルームバーグに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 ブルームバーグが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【8位】日本オラクル

アメリカ合衆国に本社を構える、ビジネス用途のソフトウエアに特化したマイクロソフト、IBMに並ぶ世界的な外資系ソフトウエア企業です。

企業の事業活動の基盤となるソフトウエアおよびハードウエアの販売、これらをインターネット経由で提供するクラウドサービスや、それに付随する各種サービスの提供を行っています。

▼日本オラクルに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 日本オラクルが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【9位】シスコシステムズ

アメリカ合衆国に本社を置く、世界最大級の外資系コンピューターネットワーク機器開発会社です。

事業内容としては、ルータを中核とし、セキュリティ・ワイヤレスLAN・ウェブ会議アプリケーションなどの開発・販売を行っています。

▼シスコシステムズに関する【ONE CAREER限定コンテンツ】はこちら!

【選考ステップ一覧】各選考の詳細と解説

 シスコシステムズが参加予定のイベント一覧 

【クチコミ】説明会/インターン/選考の評判

【10位】DELL EMC

アメリカ合衆国のマサチューセッツ州に本社を構え、世界中で180以上の拠点と約15万人の社員数を擁する外資系通信企業です。ビジネス・サービス プロバイダー

タイトルとURLをコピーしました